gorunya-zaの徒然日記

日々の出来事、思い、考えたことなどを気ままに書き綴ります

日本人

日本に住む日本人は大体1億2000万人ほど。中国やインドに比べれば少なく感じますが、先進国ではイギリスやイタリア、フランス、ドイツなどよりも多く、それなりの人口を抱えているといえます。

日本が現在の経済発展を果たした理由は様々あると思いますが、僕が思う一番の理由は、海洋国家、国境が海であったからだろうと考えています。仮に日本が大陸にあり、陸続きで国境を周囲の国と接していたならば、今のような日本であっただろうかと思うと、なかなかそうは思えません。

他国の影響を最小限にしか受けなかったこと。逆に言えば、他国の影響を大きく受けてしまうと発展できないのではないかと思います。日本人的な感覚は、世界から見ると非常識のように思えますが、その非常識さこそが日本が経済的に発展した一番の理由であると思います。

日本的な労働環境、労働に対する考え方は西洋とはかなり異なります。それでもここ数十年は西洋的な考えが浸透し、経済的に伸び悩み、あの手この手で処置を施していても、GDPの伸びは限られます。

今一度、日本的な労働観を取り戻すべきではないかなあと思いつつ、今日も所用で少しばかり出かけ、帰りの車の中で、新しくオープンした薬局の盛況ぶりを横目で見ながら思いました。