gorunya-zaの徒然日記

日々の出来事、思い、考えたことなどを気ままに書き綴ります

緊張感

何事も初めての体験、出来事には緊張感が伴うもので、僕の場合、鮮明に覚えているのは初めて車を運転した際のこと。自動車教習所で数十時間の教習を終え、目出度く最後の学科試験も合格し、初めて公道に車を乗り入れた時の、心臓のバクバク感は、とてつもないものでした。

教習で公道を走っているときの緊張感とはまた、全く違う感覚で、ハンドルさばき、アクセルの加減、ブレーキの踏み具合も、今と比べれば、未熟なものだったと思います。

それから、約20年。毎日のように車を運転し、運転中の様々な危険な場面にも遭遇し、大抵の判断はできるようになったかと思います。

閑話休題

ストレスには耐性が強い僕ですが、昨日は日中、仕事に追われ、あっという間に就業時間を迎え、やりたいことがあまりできなかったことで、就寝前には悔しさでなかなか寝付けませんでした。。。